贈り物の渡し方とは

贈り物に添える言葉とは

贈り物をする時の言い方について

贈り物を渡すときにどのような言いかたをして渡せばいいのか迷われる方も少なくありません。何も言わないで渡すのもおかしいですし色々といい並べて渡すのもおかしいですので、どのような言葉を選んで話せばいいのか本当に迷ってしまいます。ただ目上の方に渡す場合と同年代や下の年代のものに渡す時なども敬語を使ったり、いろいろ考えなければなりませんので、渡す場合でも本当に神経を使うものです。また贈り物は普段のプレゼントとは違って少し格式ばったところもあります。でもそのときに一番いい言い方としては、いつもお世話になっていますとかこれからもよろしくお願いしますというように、その人に感謝する気持ちを言葉にするのが1番良いでしょう。心から思っていることを言葉にすれば、相手も素直に受けてくれるはずです。

ウィスキー

気持ちがきちんと伝わる言い方

贈り物を手渡す時の定番の言い方に「つまらないものですが」があります。昔から謙遜の言葉として広く使われてきました。相手の心負担を軽くする事への配慮、として常用されてきましたが、過剰に謙遜し過ぎている印象が見受けられます。それを快く思わない人も少なからずいる為か、最近ではあまり使われなくなりました。目上の方にも失礼に当たらず、清々しい印象を与える「お納め下さい」「お受け取り下さい」と一言添える方が好感的です。最善の心配りをしているつもりでも、相手によっては違う意味にとってしまう場合もあるので、贈り物をする際には謙遜し過ぎる言い回しは避けた方が無難です。

贈り物の添え句の情報

新着情報