贈り物の半返しとは

内祝いの贈り物を選ぶ

内祝いのお返しの贈り物

お祝いを戴くと内祝いのお返しとしての贈り物にいつも悩みます。以前は半返しと言って、戴いた金額の半分程度のお返しをしていました。でも最近ではそんなに返さない風潮です。一番気を使うのは喜んでもらえるかどうかです。一人ひとり商品を選ぶのは大変なので、無難なものになりがちです。自分がもらってうれしい贈り物、そういうことも考えます。それぞれ各自の好みもあるので形に残るものではなく、消耗品にすることが多いでしょう。お米、油、洗剤、タオルなどいつも生活に使うものですがもらったりあげたりと面倒な風習でもあります。

ウィスキー

内祝いの贈り物について

出産祝いを頂いた方に贈る贈り物を内祝いと言います。だいたい、頂いた出産祝いの品物の半分から1/3程度の額の品物を送るのが普通です。また、必ずというわけではありませんが、内祝いには、生まれた子供の名前を記載したのしを付けるのが普通です。名字まで書く場合もありますが、多くは子どもの名前だけです。何を贈るかですが、一番は、贈られた方にとってうれしいもの、役に立つものを考慮して選びましょう。何がうれしいか、何が役にたつかは人それぞれですが、万人受けするタオルやハンカチなどが無難な贈り物です。一方で、子どもの名前を刻印した飾り物などは、例えば独身の方など、人にとってはあまりうれしくない場合もあることを頭に入れておきましょう。

贈り物の添え句の情報